日本国内の医薬品企業とは

医薬品企業関連の求人ならば

医薬品の企業とは

日本の医薬品企業の大部分は東京や大阪で生まれているそうです。

 

現在のアステラス製薬の前身とされている藤沢薬品工業なども大阪発祥みたいですね。

 

医薬品企業は、もちろん医薬品を作って売っているわけですが、このうちの医薬品を作っているという意味には大きく2つの意味があります。

 

そのうちの1つは研究や開発をして、今までにない医薬品を作り出すこと。

 

そして、もう一つは研究開発された医薬品を製造する事です。

 

その中においても、一つ目で紹介した研究や開発の分野は医薬品企業にとっての生命線となります。

 

第一三共や、武田薬品工業も、あらたな医薬品を生み出したことによって世界的な企業に発展を遂げています。

 

ではその医薬品のメーカーとはどのような種類があるのでしょうか?

 

大きくは専業のメーカー、兼業メーカー、一般医薬品メーカーというものに分類されるのですが、前述でもでた第一三共や武田薬品工業、それとアステラス成約、エーザイなどは専業のメーカーとなります。

 

医療用の医薬品に特化しているわけですね。

 

ちなみにジェネリック医薬品を製造している沢井製薬、日医工等も専業のメーカーとなります。

 

兼業メーカーとは、そもそも医薬品ではないものを製造・販売していた所が、医薬品も売るようになったという企業です。

 

例えば、メジャーどころだとキリンビールなんかはビールなどの飲料メーカーの印象を持っている人も多く、それは間違いではないのですが医薬品の製造販売も行っている兼業メーカーなんです。

 

そして最後に一般用の医薬品メーカーですが、薬局などで売られている一般的な大衆薬品の製造販売をしている所ですね。

 

良く耳にする企業だと、大正薬品や、エスエス製薬、ロート製薬などがメジャーどころでしょうか。

 

山之内製薬も実は昔、一般用医薬品を作っていた時期もあるようですが、現在は作っていないそうです。