製薬会社・信頼性保証部門で給料アップ

製薬会社で信頼性保証部なら給料アップ!

医薬品企業や製薬会社とは

製薬会社は医薬品の企業は研究や開発、さらには製造販売もしているが、一般の人間がそういった企業からは薬品を買うことはできません。

 

これは厚生労働省が判断を下しています。

 

厚生労働省で認可を受けた医薬品でなければ販売する事はできません。

 

人間の体に作用するものなので、病気が治ったり効果が見られること。

 

さらには、重篤な副作用が出ない事という様々な基準をクリアしなければいけません。

 

薬品というのをもう少し分類すると医療用の医薬品と、一般医薬品に分類されます。

 

処方箋をもらったり、注射を打ってもらったりと医療行為の一環として医療医薬品を買っています。

 

こんな風に、医薬品企業と一般の患者との間には医療機関が存在します。

 

しかし、こういった医療機関もまた直接医薬品企業から購入しているわけでは無かったりします。

 

医薬品は数千種類にも上る数があるので、医薬品卸売業を通してから病院などに渡っているんです。

 

それに引き替え、大衆薬と言われるような一般用医薬品は、薬局やドラッグストアで一般の人でも購入する事が可能です。

 

しかし、これらに関しても企業との間には医薬品卸売業が仲介しているんです。

 

製薬会社とは、医薬品を作っている企業からの仕入れ、調剤薬局やドラッグストアへの薬の販売を行っています。

 

またそれだけではなく、医薬品の安全・安定供給は大切な役割です。

 

医療機関で必要となる医薬品を適材適所へ正確に供給してくれています。

 

また、仕入れ保管、品揃え、配送、品質管理などの物流的な機能を担っているほかに、販売促進やコンサルティングなどの省的な流通機能としての役割も果たしています。

 

さらには、医療品の情報収集、価格設定、債務管理などの財務管理機能などもあります。

 

最後に医療や福祉の現場のニーズをくみ取る機能も担っています。

 

もちろん、業務には専門的な知識や能力が求められます。

 

しかし、この医薬品の卸売企業の業績は徐々に低下傾向にあります。

 

経常利益は2%に満たない場合もあるようで経営の状況は厳しいものがあるようです。

 

そのため、地域の企業が多かったこの医薬品卸売企業の集約化が進んできているようです。

 

特にスズケンや、アズウェル、クラヤ薬品、三星堂などの大手企業があります。

 

それにしても大手5社で市場シェアの50%を超えるというのですから、やはり中小は厳しいのかもしれませんね。

 

しかし給料が良いのは事実のようです。