信頼性保証の求人はこちら

信頼性保証部門の求人をお探しの方へ

信頼性保証部という職種について

薬剤師の求人サイトは沢山あるけれど、調剤薬局や病院関連の求人ばかりで製薬企業・メーカーなどの求人情報はイマイチ少ない!

 

そんな方はいらっしゃいませんか?

 

また、求人サイトの中には求人数が少なくて製薬企業の求人がほとんど無い場合もございます。

 

そこで、こちらでは製薬企業のなかでも信頼性保証部門に特化しました。

 

つまり、信頼性保証部門の求人をより沢山扱っていて、パイプの太い求人サイトをランキング形式でご紹介いたします。

 

以下のサイトを利用して頂ければ、かなり豊富に信頼性保証部門の求人がありますので、ご利用いただければきっと満足頂けると思います。

 

信頼性保証部門のとらえ方や定義は、各製薬メーカーや、CRO(医薬品の治験依頼の業務について支援する企業 )によってやや異なりますが、大まかには同様です。

 

QCV,GVP,GPSPの省令に基づく品質保証、製造販売後安全管理、製造販売後調査業務がメインになっているようです。

 

信頼性保証部門という大きな括りで、その中に品質保証やその他の部署という区切りを行っている会社も多いですね。

 

職場には男性ばかりでなく、女性も働きやすい職場づくりが進められている会社も多くなってきているようです。

 

薬剤師の職場としては薬局と病院が大半を占めていて、研究職や製薬会社に勤める薬剤師の数は相対的に見ると少なく、職場も少ない傾向にあります。

 

その中で、求められるスキルとしては、薬剤師資格は当然として、製薬会社での品質保証業務経験や、英語力等も問われます。

 

また、GMP、GLP双方の知識経験を問われる場合ももちろんございます。

 

他には、FDA査察対応経験や、リーダー、マネージャーとしての経験などもあれば優遇される場合もあるようです。

 

業務としては、安全管理や、臨床試験の監査や研究所での信頼性保証などをうたう求人が増えています。

 

しかし、各求人サイトの非公開求人などをチェックしていくと結構製薬メーカー・CRO・薬事関連の求人もあるものです。

 

そうはいっても、すべての求人サイトに登録していちいち全部見るのは大変ですよね。

 

そのため、求人サイトの選択はかなり重要なポイントになってきます。

 

信頼性保証といった、薬剤師の職種として希少な職種になればなるほど、より製薬業の求人を保有し、年収などもしっかり交渉してくれる求人サイトを選ばなければいけません。

 

是非、上記の求人サイトを利用してみて下さい。

 

製薬会社の中って、どんな区分けになっているかご存知でしょうか?

 

大きな製薬会社では、まず本社と支社に分かれている所が多いでしょう。

 

本社においているのは経理関係や、人事など一般的な企業とほぼ変わらないような、根幹的な部門があります。

 

その他には、薬理、創薬、などの様々な研究所、研究部門があります。

 

また、臨床、非臨床開発部門やデータ解析などを行っている開発部門も本社に置いている企業が多いですね。

 

さらには、品質保証や薬事、薬事情報などが属している、信頼性保証部門なんかも本社に置かれている場合が多いです。

 

その他、営業もあるでしょう。

 

では逆に支社に置かれる部門とはいったいどんな部門があるのでしょうか。

 

支社といっても大手の製薬会社の場合は東京や大阪などの日本国内だけではなく、海外に拠点を構えている所も多く、製造などは海外で行っている会社も多いようです。

 

しかし、改正薬事法に伴って、大手の会社が製造設備を保有していなくてもよくなったので、こういった薬の製造関係は、関連の子会社が行っているというケースが多いです。

MRの転職事情

MRは昔プロパーと呼ばれていて、お医者さんや病院経営者に対して接待を行って医療機関などに自分の会社の製品を売っていたそうです。

 

ですが、最近では、医薬品の納入代金を医薬品卸企業が行うようになり、医薬品情報の提供を主な仕事とする専門家になりました。

 

担当エリアを持つことや自由裁量で働くこと実績ベースで査定されるところはあまり以前とは変わらないようです。

 

MRとしてキャリアをつんで、営業の所長や、支店長、などの役職についていく人が多いようです。

 

または、マーケティングや、学術部門としての道を歩んでいく人もいるそうです。

 

MRは転職も盛んで、他社や、医療機関などに移る人も少なくありません。

 

インセンティブやボーナスなどの日当もついたりするので、製薬会社の中でも他の職種よりも年収が高いケースも多いようです。

 

また、お給料もマネジメント系なのかマーケティング系なのか、MR専門なのかなどによって大きく変わってくるようです。